忍者ブログ
自分とこのお店の事やら 、自分の趣味やらを中心に気ままに更新してます
[254]  [253]  [252]  [251]  [250]  [249]  [248]  [247]  [246]  [245]  [244

この間セルシールUのLLサイズが新発売されました

折角なので各サイズの比較を乗せときますので参考にしてください。

CIMG4824.jpg



使用用途はご存知の方も多いですよね

シールタイプの鼻盛りで、鼻幅を狭くしたり、高さを出したりずれ防止が目的です

その他にシリコン製なのであたりが柔らかくずれないけどあたってるところが痛い時なんかも有効です

CIMG4826.jpg CIMG4825.jpg CIMG4831.jpg
CIMG4830.jpg CIMG4833.jpg  

1パックに2枚

左右の鼻分が入っています、本体は無色、裏面の台紙をはがせばシールのようにペタッと貼る事が出来ます。

CIMG4832.jpg

左からS/M/L/LL

縦横のサイズは全て同じですが厚みが異なります

CIMG4827.jpg

張り付ける時はピンセットを使う事を推奨

シールタイプなので指の指紋が付くとそれだけ寿命が減ります

CIMG4837.jpg では早速このフレームを使って這って行きましょう
CIMG4840.jpg このようにペタッと貼って
CIMG4839.jpg  
CIMG4841.jpg 保材部分は裏へ貼りましょう
CIMG4843.jpg 後は指でギュッギュッと張り付けて完成
CIMG4842.jpg レンズの厚みやフレームの関係で裏面に回した保材部分が干渉するようなら
CIMG4850.jpg

ニッパーかハサミで切り取ってしまいましょう

個人的にはニッパーの方が綺麗に切れるのでお勧めです

CIMG4848.jpg

切り取ってもしっかり張り付けられますが

切らなくてもいいならその方が長持ちするので状況にあわせてどうぞ

CIMG4847.jpg

割としっかりつくので引っ張るとこんな感じです

でもはがす時は糊が残ったりすることはないので綺麗にはがせます

CIMG4851.jpg  

次はサイズ別に実際に張り付けたところ

Sサイズ 厚み1.3mm
CIMG4845.jpg CIMG4846.jpg
Mサイズ 厚み1.8mm
CIMG4853.jpg CIMG4854.jpg
Lサイズ 厚み2.5mm
CIMG4856.jpg CIMG4857.jpg
LLサイズ 厚み3.0mm
CIMG4860.jpg CIMG4862.jpg

S~Lサイズは補強部分の厚みがほぼ同じなのに対しLLサイズのみ補強部分の厚みが倍ほどあるのでちょっと正面から目立つ感じですね

選び方としては「フレームが鼻にしっかりのってるけど痛い」とかならSサイズ or Mサイズ

「レンズとまつ毛が当たる」や「頬にフレームがあたる」とかならLサイズ or LLサイズでいいと思います。

気をつけてほしいのは「とりあえず厚めを選んでおけばいいか」と安易にならないようにしてほしいことです

というのも目とレンズは離れ過ぎたり近すぎたりすると見え方が変わってしまうので

目安は「まつ毛や頬にあたらない範囲で目とレンズは近め」、「目とレンズの隙間に指が一本入るかどうか位」です

具体的には目とレンズの距離は約12mm

ですので鼻にはしっかり乗っている、見え方も良好、ずれることもないけどちょっと鼻のあたりが痛いかな

なんて人がLLサイズを使ったりすると、痛みは解消するかもしれませんが必要以上に目とレンズの距離が変わってしまい見え方が変わる可能性があります

皆さんもセルシールを選ぶ時は痛みを和らげる目的なのか、鼻が低くてフレムが鼻に載らなのを解消するために高さを出したいのかチョット考えてみてください。

 

それと女性用のフレームや子供用フレームに多いのが、セルシールより鼻パットが小さくてうまく付けられないって場合です。

CIMG4863.jpg 女性用や子供用はフレームが小さい事もありパットも通常の大人用より小さめです。
CIMG4864.jpg そうなるとセルシールの方が大きく余分な部分がでてしまいます
CIMG4865.jpg こんな感じ
CIMG4866.jpg 余った部分は後ろに回したりしてもいいんですが、団子状態で折角顔に合わせて小さいフレームを選んだのにえらく鼻が目立ってしまいますね
CIMG4867.jpg そんな時は余分な部分を切ってしまえばいいんです
CIMG4868.jpg この場合だと、セルシール本体の左右と補強部分の左右をバッサリカット
CIMG4869.jpg

左がカット

右がそのまま

CIMG4870.jpg

さっきと裏返ってますから今度は向かって右がカットしたもの

左がそのままのものです

正面の見た目にも結構変わるのでオススメです

あまりきりすぎると接着面が少なくなるのではがれやすくなってしまいますからほどほどに

正直、耐久性としては汗をよく夏場とかだとスグにはがれてくるので一か月もつかどうか

秋~冬場だともう少し持ちますがあくまでも「使い捨て」という感覚で使ってください。

いったん張り付けると洗浄機どころか水洗いもはがれる原因になるのでメンテナンスが難しい事を考えると

普段使いのメガネなら鼻盛りやピターム

鼻盛りよりもピタームがオススメ

ちょこっと使うだけのメガネやサングラスならセルシールUといった感じでいいと思います。

現状店舗に持ち込まずに自分で鼻の高さやあたりを手軽に変えられる唯一といっていい手段なので使い方を間違えなければ全然イイと思います( ・ω・)b

もしメガネがズレてくる人がこのページを見ていたらこの「メガロックM・V・Fの比較」も見て本当に必要なのはメガロックなのか、セルシールなのか、はたまた両方なのか考えてみて下さい。

2017/07/18追記

セルシールの貼り方についての動画をyoutubeにアップしました
実際に貼っている部分は数秒ですがブログ内にはない情報もありますので是非見てください。

 

拍手[8回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Copyright ©2009-2015 メガネBLOG All rights reserved.

忍者ブログ [PR]